スポーツ用品の
寄贈・回収
2002年より、主に海外で、なかなかスポーツをする機会がない子どもたちにスポーツ用品を寄贈しています。
国連環境計画(UNEP)と共催で毎年開催する「ドリームキャンプ」では、ケニアの子どもたちにスポーツ用品の寄贈だけではなく、専門のスポーツ指導者によるレッスンや、専門のスタッフからの環境教育などを行い、将来子どもたちが環境問題への知識をもった地域リーダーとなるよう指導しています。 >>詳しくはコチラ
このプロジェクトは、みなさまからのご寄付によって支えられています。 >>ご寄付




メールマガジン

2007年12月 タイとニジェール

【JICA「世界の笑顔のために」】

  ◆タイ王国のチェンマイ・ガウィラアヌクーン知的障害児学校では、2007年に上海にて行なわれたスペシャルオリンピックス夏季大会に向けて練習していた子供たちに、テニスラケットが寄贈されました。        
目をキラキラさせて喜ぶ喜ぶ子供たちとともに、テニスの指導にあたっている先生も、用具のメンテナンスについてきちんと考えるようになりました。


◆ニジェール共和国の国民(ニジェール人)にとって、テニスはあまり馴染みのないスポーツ。しかしテレビなどで見たことのある、憧れのスポーツでもあります。ボールひとつあればどこでもできるサッカーに比べれば、テニスは経済的ではありませんが、今回のテニスラケット提供をきっかけにして、生涯スポーツとしての選択肢のひとつとして普及することを願い、2007年12月にテニスクラブが発足しました。

ラジオやチラシなどを通じてたくさんの会員申し込みがあり、現在7名の生徒を第一期生として育てています。フランス文化センターの協力により、バスケットコートを週二回二時間無償で利用させてもらうという、まさに手作りのテニスコート。ニジェールでは、教育や自己向上のために投資することは容易ではありませんので、用具の補修やクラブ運営の資金確保が懸念されますが、生徒たちに「楽しい」「うまくなりたい」といった意欲を持続させ、自己研鑚に励むことに価値を見出すことができるようになれば、意識は必ず変わっていくものと考えています。


このほかタイ王国のタークろう学校、ケニア共和国やコロンビア共和国、ブータン王国、マラウイ共和国などから続々と御礼状が寄せられております。中古スポーツ用品をご提供くださいました皆様、ありがとうございました。

Copyright (C) Global Sports Alliance. 2007. All rights reserved.